築40年おんぼろ部屋の模様替え

ズボラな私のレジ袋収納!丸めて入れるだけで快適にする方法

ズボラな私のレジ袋収納!丸めて入れるだけで快適にする方法

ビニール袋やレジ袋の収納で悩んでいる人いませんか?私も昨日まで非常に悩んでました。だって…見るも無残な状態で、末期的な状況に陥っておりました(笑)!この悲惨な状態から、ズボラな私がどうやって抜け出し、快適にレジ袋をためておけるようになったか、ご紹介します!

sponsored link

わがまま万歳!まずは情報収集、自分に向いた方法を考えよう。

レジ袋は何かと使いますのでためておきたい。でも散らかるのはイヤだ。何か良い方法はないかと思いまして、数日前からネットでいろいろ調べました。わたくしが総力を結集して調査した結果、

  • 三角にたたんでカゴ等に収納
  • 四角にたたんでカゴ等に収納
  • ハンガーにかける
  • レジ袋ストッカーなるものを購入

というように、皆さん色々であることが分かりました。加えて悩んでいる人が多いということも分かった。なるほど。と思いつつも…私は以下のような結論にいたりました!

私にはレジ袋をたたむことは出来ない!

私は絶対レジ袋をたためない。3日で挫折する自信がある。三角だろうと四角だろうと、どんなに簡単なたたみ方でも、レジ袋をたたむという行動は私にとって面倒以外のなにものでもない。

ハンガーにかけることも多分出来ない!

ハンガーにかけるためには、レジ袋をキレイに平らに伸ばさねばならない。その手間が、私にはどうしても無理である。わがままかもしれないけど、無理なものは無理。

レジ袋ストッカーを購入するのは嫌だ!

レジ袋ごときにお金をかけるほど余裕はない。ちなみにレジ袋ストッカーとはこういうもの↓

たたまずに適当にポンポン入れられるのはいいけど、取り出すときに袋の大きさが分かりづらそうだなと思いました。

自分は何が出来て、何が出来ないのか、どうしたいのかを明確化

いろいろと調べてみて、私にとって重要なのはこの5つだと分かりました。

・適当にまるめてポイポイ入れられる
・袋の大小がすぐ分かる
・たくさん入る(何かと使うので)
・あふれず、落ちず、散らからない
・お金はかけたくない

考えがまとまったので、早速製作に入りました(笑)。材料は、使い古しの百均バッグと、3個百円のフックです。まず家の中に転がっていた、古い百均のビニールバッグ。この取っ手をチョキチョキ切りました。

ちょうどこのビニールバッグ、取っ手近くに丸く穴があいてる部分があるので…百円均一で3個100円だった、粘着フックを貼りまして、ビニールバッグを引っかけることに。

フックだけだとバラバラしたので、押しピンで補強。

デカッ!と思いましたが、私には、あふれないことが何より大事。そしてたっぷり入れられることも大事。これだけ余裕があれば何があっても足りるだろ~。

ちなみに、下に黄色く見えるのはボロ布です。いらなくなった服を適当な大きさに切ってます。油汚れなど拭いてそのまま捨ててます。

レジ袋をたためば、もっとコンパクトになるんでしょうが、私にはその手間が面倒で出来ない。どうしても出来ない。リバウンドして散らかるよりは、これで良し。

大小のビニール袋が混ざると、その都度袋を開いて、大きさを確認することになり無駄な時間を使いますので、中を袋で仕切りました。

そして、見た目はアレですけど(笑)ハッキリ「大きい」「小さい」書きました。子供も使うことがありますので、子供にも取り出しやすく戻しやすいことが大事かなと。子供だって「大きい」と書いてあるところに小さいビニールは入れないです。どういう分類か分からないから適当に戻すし、それによって散らかっていくと思うんです。

家にあったもので作ったので、色合い等々、ナンですけれども(笑)この悲惨な状態から…

↓↓↓

とりあえず脱出することが出来ました~!ものすごく気分がスッキリしました^^ちなみに3年経った今もリバウンドせず、同じものを使ってます。百均バッグって丈夫ね(笑)

レジ袋収納で悩んでいる人へ、まとめ

再び散らからないようにするためには、自分の普段の行動を冷静に考えることがとても重要ではないかなと思います。頑張っても私はビニール袋をたためません。どうしても無理。

そんな自分のわがままを認めた上で収納を考えましょうよ。そうすればリバウンドせずに済みます!全く頑張らず、自然にレジ袋をたためる人が羨ましいです…ま、仕方ないです。性格です^^;

ブログランキングに参加しています。
クリックで模様替え情報がたくさん見られます!
にほんブログ村 インテリアブログ 模様替えへ

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

書いている人

Betty(ベティ)

Betty(ベティ)

都内で働くアラフォー会社員です。小学生の娘を子育て中。長らく汚部屋に住んでましたが一念発起して断捨離&模様替え。出来るかぎり手間とお金をかけずにスッキリ暮らすべく、日々奮闘中です。 [詳細]



sponsored link